FUJIMIYA CO., LTD.
シメジの写真 各野菜の写真 魚沼コシヒカリの写真
生産者の顔が見える!
トップページへジャンプ!
会社概要へジャンプ!
取扱商品の紹介へジャンプ!
取扱い店の紹介へジャンプ!
生産者の紹介へジャンプ!
関連リンク集へジャンプ!
〒949-8202
新潟県中魚沼郡津南町
大字芦ヶ崎乙203番地
魚沼良品農場
有限会社フジミヤ
TEL 025-765-2823
FAX 025-765-2949
Mail info@aji-e.com
Copyraight
このページは 取扱商品 >> 雪下にんじんの詳細 です! 生産者についての詳細は、
生産者の紹介ページへ!

雪下にんじんの詳細!
〜春一番の野菜〜
雪下にんじん

この豪雪地、魚沼津南町ならではの特選野菜です。
雪下にんじんとは、昨年秋に収穫する人参をわざと3〜4 メートルもの雪の下で冬を越させ、春の3月中旬から4月頃にかかけて除雪をし収穫する人参のことです。特徴は、糖度が普通の人参に比べ2度程高く、人参特有の嫌な癖もありません。人参嫌いのお子様にも喜んで食べていただけるサラダや生ジュースなどの生食専用人参です。
また、その年の降雪量により出荷時期や生産量が大きく左右されるため、大変希少価値の高い人参です。
左は昨年の春のもので、除雪して人参を掘り出している所と掘り出した雪下人参です。
雪下にんじんはなぜ甘くておいしいの?
津南町にある新潟県農業総合研究所高冷地農業技術センターでは、長期間にわたり雪味
にんじんの成分変化を調べ、おいしさの秘密を研究してきました。
雪の下で越冬したにんじんは、甘みやうま味を感じる成分であるアスパラギン酸、グリ
シン、セリンなどのアミノ酸の含有量が大きく増加します。また、豊かな香りの成分のカリオフィレンも増加します。これらの変化が、雪下にんじんのおいしさに関わっていると考えられています。
また、雪の下は温度が一定(0℃)なため凍らず、水分があり乾かないため「みずみ、
ずしく、味はマイルドで甘く、香りがよく、歯切れの良い食感」が楽しめるのです。
まさに、雪国ならではの絶品といえるでしょう。
雪下にんじんの収穫の様子
       
1、この広い雪野原の一角が畑です。
2、除雪車登場。
3、何度も往復しながら道をつけます。
4、丁寧に一本づつ手作業で掘りおこしていきます。
5、掘りおこしたにんじんはコンテナに入れソリにのせます。
6、雪の上を荷物を持って歩くのは大変なんです。掘りおこしたにんじんに傷を付けないようそっとソリに乗せ、トラックまで運びます。

取扱い商品の一覧に戻る